えらびやすく、じぶんらしくRASIC HOUSE

TEL
>
>
床貼りの現場見学
2021.01.22

床貼りの現場見学

 

# 家づくり

こんにちは! RASIC HOUSEの築地です(^^)/

 

今回のRASICマガジンのテーマは。。。

「床貼りの現場見学」

です!(^^)!

 

先日、現場見学に行ってきました!!!

床がどのように貼られていくのか。。。

その全貌を本日のマガジンでご紹介いたします!

 

 

今回貼っていく床材は、 「突板」と呼ばれる床材になります。

突板の床材とは、本物の木材を薄くスライスした状態のものを、

もととなる材料に貼り合わせた床材です。

プリントしたものではなく本物の木材を表面に貼っている為、

見た目はかなり無垢の床材に近い床材です。

 

 

それでは早速床貼りの手順について、 本題に入っていきます。

まずは、床材をカットし 合板の上に接着剤をつけ、床材を接着させます。

次に、床材をしっかりはめ込んでいく作業になります。

写真のような木材で床材を横からたたいてしっかりとはめ込んでいきます。

床材をはめ込んだら最後に固定をしていきます。

フロアーステープルと呼ばれる釘のようなもので、床材を固定していきます。

12mmの厚さの床材の側面からフロアーステープルを打っていきますが、

打つ間隔は目印を付けていない所に綺麗な等間隔で打たれていました。。。

ここまでの工程でかなり時間がかかっているように思えますが、

実際はとても早いスピードで一枚一枚の床材が貼られています!

さすがの職人技です、、、!

 

 

RASIC HOUSEでは家づくりのなかで床貼りの体験やクロス貼りの体験など、

家づくりをお施主様にも体験して頂くイベントを開催しています。

とても良い思い出となること間違いなし!ですね(*^^*)

 

 

今後も現場の様子をRASICマガジンにてご紹介していきます!

お楽しみに(^^♪

 

RASIC HOUSEモデルハウス完成見学会&販売会の予約受付中になります!

詳細&ご予約は以下をクリックしてください↓

お問い合わせはこちら

コンセプトブックの無料送付や相談のご予約をお承りしております。家づくりに関するイベントも適宜開催しておりますので、ご予約をご相談の上、ご予約下さい。

CONTACTお問い合わせ

家づくりに関する
ご相談・お問い合わせはこちらから